小児歯科

お問い合わせ
0265-24-1223

小児歯科

小児歯科とは主に乳幼児から12歳ぐらいまでのお子様を対象にしています。
乳歯の役割は、食べ物をしっかり噛むこと以外にも「永久歯が正しい位置にはえてくるための誘導」や、「顎の発育を助けることにより、成長期の顔の形を整える」、「発音を助ける」など、とても大切な役割を担っています。
そのため子供時代に乳歯を疎かにすると、永久歯に重大な影響を与えることになりかねません。幼少期からの治療により、不正咬合や虫歯のリスクを大きく軽減させることもできるのです。
おおしか歯科医院では虫歯の予防として「フッ素塗布」と「シーラント」を行っております。